【台風19号2019】進路や関東上陸はいつ?気象庁異例の会見(動画)は必見!

こんにちは!じゅんぺー のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、週末にかけて心配なニュース、台風19号(ハギビス)について

『【台風19号2019】進路や関東上陸はいつ?気象庁異例の会見は必見!』と題して見ていこうと思います。

今回は今年最強の台風で、かなりの備えが必要になります!

スポンサードリンク

 

台風19号2019進路や関東上陸はいつ?

 

大型で猛烈な台風が週末日本列島を覆うとの情報、通常前日ですが、今回気象庁では異例の早めの会見がされました。

気象庁が異例の会見(10月9日)

 

大型で猛烈な台風

広い範囲で大きな影響

早めの対策を!

これまでより早いタイミングでの記者会見にしました。

 

台風19号は非常に強い勢力で

12日〜13日に接近

広い範囲で大きな影響の恐れがあります。

 

15号や昨年の21号と同程度の暴風の恐れがあり、地域によって高波などの恐れもあります。

11日(金)までに備えをするように!

自分の命や大切な人の命を守るため早めに

 

9日12時 小笠原北西 非常に強い勢力を保ったまま

12日〜13日接近または上陸の恐れがあり

速度を上げながら東北地方を抜けて温帯性低気圧に。

 

前回の台風15号で被害を受けた千葉県。

一時は90万件の家で断水が起こりました。

今現在、週末の台風に備えて、水やタンク、電池などを買う人の姿が目立ちます。

ランタンや電池などが品薄になっているところもあるようです。

 

前回の台風15号に比べて、大きな積乱雲を伴う今回の19号はさらに大きな台風で上陸直前まで発達し続ける予想。

金曜日からの滝のような雨にも警戒が必要になってきます。

 

大規模災害が起こる確率(10月9日現在)は、

・東京47%

・名古屋15%

・大阪22%

・上陸しない確率15%

 

JRをはじめ公共の交通機関では、今回も計画運休が行われる予定です。

 

非常に強い勢力を持ったまま関東に上陸?

 

今まで強い勢力を持ったまま関東に上陸したことはなかったが、今回は上陸の恐れが・・・

接近前から備が必要。

土曜日の夜上陸予測ですが、上陸前から備えを!

 

関東には大きな影響があり

台風進路の東側、東京湾で高潮の被害、危険性があり

 

前回の15号とは比べ物にならないくらいの大きな台風。

接近前、通過した後も風が強い状態が続く予想されるので注意が必要。

スポンサードリンク

 

まとめ

今日もじゅんぺー のブログを最後までご覧いただきましてありがとうございました。

『【台風19号2019】進路や関東上陸はいつ?気象庁異例の会見は必見!』と題して見てきました。

前回の台風15号よりも大きい勢力を持った台風。

台風情報をチェックして、自分や周りの人の命を守っていきましょう。

 

それではこの辺で

バイバイ〜

 

 

スポンサーリンク