【マルチ商法】とは?必ず儲かるはウソ!困った時の対処法はこれ

こんにちは、じゅんぺーのブログへようこそ!

 

今回は、話題になっている

『マルチ商法とは?必ず儲かるはウソ!困った時の対処法はこれ』

について調べていこうと思います。

 

20代でマルチ商法の被害者が続出!

全体の40%以上が20代とも言われています。

 

引用元:朝日新聞デジタルより5月11日

 

若年層を狙った悪徳商法は許せないですね!

それと同時に、良い機会なのでここで

「マルチ商法」「ネットワークビジネス」についての正しい理解をしたいと思います。

スポンサードリンク

マルチ商法(MLM)とはネットワークビジネスのこと

 

もともと【マルチ商法】は、1930年代にアメリカから来た小売形態です。

理にかなった、合法的なマーケティング手法の1つで

流通革命とも言われた画期的なシステムです。

 

車も、正しい使い方をすれば便利な移動する道具ですが、

事故を起こせば人の命に関わるものに変わるのと同じで、

 

合法的なマーケティング手法も、法を破り誤った方法で人を勧誘したり運用すると

全く別物になってしまうんです^^;

 

マルチ商法(MLM)は合理的な流通システム

 

①商品を買って会員になります。(まず自分が消費者に)

②自分もまた商品の買い手を探して、買ってもらいます。

(自分がCMするイメージ)

③買ってもらうことによって自分に報酬が入ります。(CM代)

④自分の系列に加入者を増やしたり、商品が流通すると規定により報酬が入ります。

 

法に則った方法で、特にこれ自体は違法や犯罪ではありません。

『特定商取引法の連鎖販売取引』に沿った販売形態です。

 

一般に「マルチ商法」と言われるものは、アメリカの「マルチレベルマーケティング」

の略からきています。

日本では「ネットワークビジネス」、「MLM」とも言われています。

 

1998年から発行!発行部数は100,000部

 

このように本屋で雑誌も売れれていて、月間100,000もの発行部数です!

 

また『金持ち父さん貧乏父さん』で有名なロバートキヨサキ氏も、

MLMを高く評価していて、著書の中でも触れています。

 

ロバートキヨサキ氏の大ベストセラーでもMLMはすすめられている

 

スポンサードリンク

 

マルチまがい商法やネズミ講は違法!

 

上記のマルチ商法「連鎖販売取引」というルールを逸脱して、

実際の商品が著しく安かったり、形だけの商品、または実際の商品がないものもあります。

 

また「儲かる」と煽って、

法律に則った説明義務を果たさずに会員を無理やり勧誘するような行為は

法律で厳しく禁止されています。

 

この辺りが混合されていて、マルチ商法、ネットワークビジネスを真剣に

真面目にされている方にとっては、大変迷惑でさらにイメージが悪くなり

活動にも支障をきたしたりします。

 

※「マルチ商法」「ネットワークビジネス」「MLM」と「マルチまがい商法」「ネズミ講」は似て日なるものでした!

 

 

勧誘する側の規制

 

概要書面・契約書面の交付義務があります!

 

特定商取引法で概要書面および、契約書面の交付義務

不適正勧誘の禁止など、勧誘する側にも厳しい規制があります。

 

実際に説明会に行って、このような説明がない場合は要注意です!!!

 

マルチ商法勧誘で困った時の対処法はこれ!

 

20日間のクーリングオフの適用

 

クーリング・オフの適用も勧誘側の説明義務です!

 

「知り合いからセミナーへ連れて行かれて、どうしても断りきれなかった」

「知り合いの上司(アップライン)とABC(3人で会って)をされて、断りきれなかった」

「サインを強要された・・・」等があ理、契約書にサインアップした場合でも、

20日間のクーリングオフが適用されますので、焦らずに対処しましょう!

 

どうしてもその場の雰囲気に押されてサインをしてしまったり、断りきれないケースも多いようですが、家に帰って冷静なったら・・・って時には迷わずクーリングオフです!

 

消費者ホットラインへ

 

どうしても対処が難しい、困った時は消費者ホットライン「188」へ電話しましょう!

ただ簡単に被害金が取り戻せないこともあるので、

出来ればクーリングオフの期間内に対応した方が良いようです。

 

 

マルチ商法・ネットワークビジネスのイメージが悪いのは

 

昔から、「ネズミ講」などと言われて、商品の流通がなくお金だけが動くマネーゲームが流行ったり、

「天下一家の会事件」、

『口コミ』のネットワークの世界なので、どうしても「マスコミ」からは

敵対視される傾向がありました。

 

また必要以上に煽ったり、「絶対儲かる!」などと言って勧誘するため

イメージが悪いのも事実です。

 

いくらビジネスプランや商品が一流でも、これは「ビジネス」です。

「絶対儲かる」「必ず儲かる」「損をしない」とは言い切れません。

 

 

まとめ

 

今日もじゅんぺーのブログを最後までご覧いただきありがとうございました!

 

今回は、

『マルチ商法とは?必ず儲かるはウソ!ネットワークビジネスとの違いは・・・』

について調べてみました。

 

もし本当に被害にあった場合は、

消費者ホットラインの「188」が相談に応じるとのことです。

ただ被害金を取り戻すのは、簡単ではないそうなので、

あらかじめマルチ商法やネットワークビジネスについて知っておくことは大事ですね!

 

それでは今日はこの辺で〜

バイバイ

 

 

 

 

スポンサーリンク