なぜ現金給付が「早くて5月末」なの?遅い、緊急経済対策の意味がない!ネットの反応は?

緊急経済対策が話題とともに多くの人が関心を示しています。

3月23日テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)に出演した西村経済再生大臣の発言に注目が集まっています。

今、全国民が注目していると言っていい「現金給付」はいつなのか、金額は?

そこで今回は『なぜ現金給付が「早くて5月末」なの?遅い、緊急経済対策の意味がない!ネットの反応は?』と題して見ていこうと思います。

国民の反応は「遅い!」「遅すぎる!」、それだけ今の生活が危機に瀕しているのでしょう。

現金給付にどうしてそんなに日数がかかってしまうのでしょう?

スポンサードリンク

なぜ現金給付が「早くて5月末」なの?

まず今月末に2020年度の予算案が国会で成立します。

その後で、経済対策や支援等を行うための補正予算案を決めて、さらに給付の準備を行うため、現金の給付が行われるのは「一定の日程が必要になる」と話していました。

当面の生活費はどうすればいい?

本当に今現在困っている人、当面の生活が苦しい家庭には、既に決まっている「個人向けの小口資金貸付を特例を使って活用して欲しい」とのことでした。

一刻も早く給付金が受け取れるならそれに越したことはありませんが、どうしても今現在の生活費が足りないなども場合は、こちらの個人に向けた小口資金貸付特例を使うしかないようです、

なぜ現金給付が「早くて5月末」なの?遅い、遅すぎ!ネットの反応は?

WBSでの発言、「早くても5月末」に『5月末 遅い』がネットを賑わせています。

本当に明日明後日の生活にも支障が出てきて出ている人が多く、そのためのものだと思っているのにあまりにも対応が遅すぎます!

多くの人が「遅い!」「遅すぎる」との意見です。

それだけ、今必要としている人が多いことがわかりました!

一刻でも早く現金給付されることを願います。

スポンサードリンク

まとめ:なぜ現金給付が「早くて5月末」なの?遅い、緊急経済対策の意味がない!ネットの反応は?

西村再生相が緊急経済対策での現金支給の件で、「早くても5月末」との発言をしました。国民は今すぐにでも欲しい!と思っている人が多く、2ヶ月も先になるとまた状況が変わってきます。

そこで今回は『なぜ現金給付が「早くて5月末」なの?遅い、緊急経済対策の意味がない!ネットの反応は?』と題して見てきました。

他の国に比べて日本は対応が遅い、との意見も多く見られましたね!

タイミングだ大事です、少しでも早く支給されれば救われることも変わってくるかもしれませんね。

それではこの辺で

バイバイ〜

 

 

スポンサーリンク