ロンブー淳がメガネ(サングラス)をかけている理由は?目の光に関する病気か・・・

こんにちは!

じゅんぺー ブログをご覧いただきましてありがとうございます。

今回は、『ロンブー淳がメガネ(サングラス)をかけている理由は?目の光に関する病気か・・・』と題してみていこうと思います。

スポンサードリンク

 

ロンブー淳がメガネ(サングラス)をかけている理由は?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

全身で太陽を浴びてる図 #太陽 #杉浦太陽 #辻希美 #加護亜依 #ミニモニ #矢口真里 #ご懐妊おめでとう

田村淳さん(@atsushilb)がシェアした投稿 –

 

オシャレに見えるので今ではそれほど違和感がなくなりましたが、ちょっと前からローンブーの田村淳がメガネ(色付きのサングラス)をかけるようになりました。

 

有吉が「今日の司会者はピーコさんに変わったの?」

っていじってましたが、

 

淳が「光の方がちょっと弱くなってしまって・・・最近サングラスを」

と答えていました。

 

スポンサードリンク

 

ロンブー淳は目の光に関する病気?

 

 

その後、ドライアイであることをツイッターで言っていましたね。

ドライアイになると、光が眩しくなりますから、納得ですね!

 

これは「ムコスタ点滴液」と思われます。

 

淳さんは、

 

・テレビ局の照明の光

・パソコンやスマホにの使いすぎによるもの

・加齢など・・・が原因かと思われますが、

 

ドライアイになる人は年々増えてきています。

 

「レーシック難民なのでは?」との声もありましたが、淳さんがレーシック手術をした情報はありませんでした。

 

淳のメガネ(サングラス)はどこのブランド?

 

 

オシャレブランド『MOSCOT』(モスコット)ですね!

ファッション業界の人からも絶大なる人気ニューヨークブランドです。

 

MOSCOT モスコットは4世代に渡りモスコット家がニューヨークのロウワーマンハッタンで経営してきた老舗眼鏡専門店。
1897年創業者 “ハイマン・モスコット” がオーチャードストリートで押し車に載せて既製品の眼鏡販売を開始し、1915年にレヴィンストリートの94番地に店を構えた。これがMOSCOTの始まりである。
1930年代にはハイマンの息子でNY州認定眼鏡士の “ソル・モスコット” がビジネスに参画し、オリジナルフレームの開発に着手した。’53年には “ソル” の息子である “ジョエル・モスコット” が加わり、彼らが中心となり伝説的なモデルが生み出されていく。
1986年にジョエルの息子で眼科医の “ハーヴェイ・モスコット” が参入、グローバルにビジネスを展開し始め、今に至る。
4世代を経て、過去のデザイン・アーカイブから発表されたのがモスコット・オリジナル。ニューヨークの古き良き時代から伝わる真のオリジナルフレームである。

引用元:KLEIN EYEWEAR   https://klein-eyewear.com/brand/moscot/

 

 

【MOSCOT】30,000円台が中心の価格帯の人気ブランド

 

有名眼鏡店などで購入が可能です!

見ると全部欲しくなってしまうような、ベーシックでありながらオシャレなブランド。

 

 

まとめ

 

今日もじゅんぺー のブログをご覧いただきましてありがとうございます。

今回は、『ロンブー淳がメガネ(サングラス)をかけている理由は?目の光に関する病気か・・・』と題してみてきました。

 

現代社会において、目を酷使することが多い中、普段から目をいたわるような生活を心がけないと!

と思うようになりました。

 

周りの年配の人は、白内障の手術をする人が多くいます。

今、目をいたわることが見直す時がきているのかもしれませんね!

 

淳さんのメガネのことから、目の大切さを考えさせられました。

目を大事にしましょうね!!!

 

それではこの辺で

バイバイ〜

 

スポンサーリンク